京都府からのお知らせ

京都府が提供している「防災・防犯情報メール配信システム」からのメールを、機械的にブログ記事にして公開しています。

022364:特殊詐欺被害発生【山科区】

  • 投稿日:
  • by

 11月1日(金)午後2時頃、伏見区内の高齢者宅に、区役所の職員や銀行の職員を名乗る男から「キャッシュカードの切り替えの案内状を送っている。手続きが出来ておらず期限が切れている。暗証番号を教えてください。サービスでキャッシュカードを職員が取りに行きます。キャッシュカードを封筒に入れて渡してください。」等の電話があり、銀行の職員を名乗る男が訪れ、高齢者からキャッシュカードを受け取り、立ち去った。
 その後、銀行の職員を名乗る男が言った電話番号に連絡するもつながらなかったことから被害に遭ったことがわかりました。
 他にも複数の高齢者宅に、区役所の職員を名乗る過払い金名目等の電話があり、今後も同様の電話がかかってくるおそれがあるので注意してください。
◎官公署・金融機関の職員等が電話でキャッシュカードの暗証番号や預金残高を聞き出すことは絶対にありません。
◎官公署・金融機関の職員等を名乗る電話であっても、不審な点があれば、何も言わず電話を切ってください。
◎不審な電話は一人で対応せず、家族や警察に相談してください。
山科警察署 075-575-0110
警察本部犯罪抑止対策室 075-451-9111(3411)

配信情報の変更・停止には、anzen@k-anshin.pref.kyoto.jp に空メールを送信し、手続きを行ってください。