京都府からのお知らせ

京都府が提供している「防災・防犯情報メール配信システム」からのメールを、機械的にブログ記事にして公開しています。

026637:府県気象情報

  • 投稿日:
  • by


大雨と突風及び落雷に関する京都府気象情報 第4号
2020年07月07日05時58分
京都地方気象台発表

(見出し)
京都府では、8日にかけて、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。竜巻などの激しい突風、落雷にも注意が必要です。
(本文)
 梅雨前線が、東シナ海から対馬海峡を通り東北地方にのびています。前線は9日頃にかけて西日本から東北地方に停滞する見込みです。
 京都府では、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定となり、前線活動の活発な状態が続くでしょう。
 京都府では、これまでの大雨により、地盤の緩んでいる所があります。
 雨量が予想より発達した場合には、警報級の大雨となる可能性があります。

[雨の実況]
 降り始め(5日20時00分)から7日5時00分までの降水量(アメダスによる速報値)
    長岡京 71.0ミリ
  京都市京北 57.0ミリ
    京田辺 56.0ミリ
  南丹市美山 54.5ミリ

[雨の予想]
 京都府では、8日明け方から昼過ぎにかけて、局地的に雷を伴った激しい雨の降るおそれがあります。
 7日に予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、
  北部 20ミリ
  南部 20ミリ
 8日に予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、
  北部 30ミリ
  南部 30ミリ
 7日6時から8日6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
  北部 80ミリ
  南部 80ミリ
 その後、8日6時から9日6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
  北部 50から100ミリ
  南部 50から100ミリ

[防災事項]
 土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。
 竜巻などの激しい突風、落雷に注意してください。
 発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

[補足事項]
 今後発表する警報、注意報、気象情報、竜巻注意情報に留意してください。
 次の「大雨と突風及び落雷に関する京都府気象情報」は、7日16時頃に発表する予定です。

配信情報の変更・停止には、anzen@k-anshin.pref.kyoto.jp に空メールを送信し、手続きを行ってください。