京都府からのお知らせ

京都府が提供している「防災・防犯情報メール配信システム」からのメールを、機械的にブログ記事にして公開しています。

タグ「府県気象情報」が付けられているもの


027230:府県気象情報

  • 投稿日:
  • by


突風と降ひょう及び落雷に関する京都府気象情報 第1号
2020年08月23日05時38分
京都地方気象台発表

(見出し)
京都府では、23日昼過ぎから夜遅くにかけて、大気の状態が非常に不安定となる見込みです。竜巻などの激しい突風や降ひょう、落雷、急な強い雨に注意してください。
(本文)
 近畿地方の上空約6000メートルに、氷点下6度以下の寒気が流れ込んでいます。京都府では、23日昼過ぎから夜遅くにかけて、上空の寒気や日射による気温の上昇により、大気の状態が非常に不安定となるため、局地的に雷雲の発達するおそれがあります。

[防災事項]
 竜巻などの激しい突風や降ひょう、落雷、急な強い雨に注意してください。
 発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。農作物の管理にも注意してください。

[補足事項]
 「突風と降ひょう及び落雷に関する京都府気象情報」は本号のみとしますが、急な気象状況の変化があれば随時お知らせします。
 今後発表する注意報、気象情報、竜巻注意情報に留意してください。

配信情報の変更・停止には、anzen@k-anshin.pref.kyoto.jp に空メールを送信し、手続きを行ってください。


027214:府県気象情報

  • 投稿日:
  • by


突風と落雷に関する京都府気象情報 第1号
2020年08月22日05時46分
京都地方気象台発表

(見出し)
京都府では、22日昼前から夜遅くにかけて、大気の状態が非常に不安定となる見込みです。竜巻などの激しい突風や落雷、急な強い雨に注意してください。
(本文)
 近畿地方の上空およそ6000メートルには氷点下6度以下の寒気が流れ込んでいます。京都府では22日昼前から夜遅くにかけて、上空の寒気や日射による気温の上昇により、大気の状態が非常に不安定となるため、局地的に雷雲が発達するおそれがあります。

[防災事項]
 竜巻などの激しい突風や落雷、急な強い雨に注意してください。
 発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

[補足事項]
 今後発表する注意報、気象情報、竜巻注意情報に留意してください。
 「突風と落雷に関する京都府気象情報」は、本号のみとしますが、急な気象状況の変化があれば随時お知らせします。

配信情報の変更・停止には、anzen@k-anshin.pref.kyoto.jp に空メールを送信し、手続きを行ってください。


026914:府県気象情報

  • 投稿日:
  • by


大雨と突風及び落雷に関する京都府気象情報 第7号
2020年07月27日05時32分
京都地方気象台発表

(見出し)
京都府では、27日昼前にかけて、竜巻などの激しい突風や落雷、急な強い雨に注意してください。
(本文)
 梅雨前線が、日本海に停滞しています。
 前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込むため、京都府では27日昼前にかけて大気の非常に不安定な状態が続くでしょう。

[雨の実況]
  降り始め(24日3時00分)から27日5時00分までの降水量(アメダスによる速報値)
     京田辺 98.0ミリ
     長岡京 95.5ミリ
      宮津 86.0ミリ
  福知山市坂浦 84.5ミリ
  京都市中京区 76.5ミリ
   京都市京北 74.5ミリ

[雨の予想]
 27日に予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、
 北部 15ミリ
 南部 20ミリ
 27日6時から28日6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
 北部 40ミリ
 南部 50ミリ

[防災事項]
 竜巻などの激しい突風、落雷、急な強い雨に注意してください。
 発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

[補足事項]
 本号で終了しますが、急な気象状況の変化があれば、随時お知らせします。
 今後発表する注意報、気象情報、竜巻注意情報に留意してください。

配信情報の変更・停止には、anzen@k-anshin.pref.kyoto.jp に空メールを送信し、手続きを行ってください。


026911:府県気象情報

  • 投稿日:
  • by


大雨と突風及び落雷に関する京都府気象情報 第6号
2020年07月26日16時04分
京都地方気象台発表

(見出し)
京都府では、27日明け方にかけて、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。竜巻などの激しい突風や落雷にも注意が必要です。
(本文)
 梅雨前線が西日本から東北地方に停滞しています。
 前線は西日本を北上し、27日には朝鮮半島付近に達する見込みです。前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込むため、京都府では27日夕方にかけて大気の非常に不安定な状態が続くでしょう。
 京都府では、これまでの大雨により地盤の緩んでいる所があります。
 雨雲が予想より発達した場合には、警報級の大雨となる可能性があります。

[雨の実況]
 降り始め(24日3時00分)から26日15時00分までの降水量(アメダスによる速報値)
     京田辺 90.0ミリ
     長岡京 89.5ミリ
      宮津 83.0ミリ
  福知山市坂浦 79.0ミリ
   京都市京北 72.0ミリ
  京都市中京区 71.5ミリ

[雨の予想]
 京都府では、27日明け方にかけて、局地的に雷を伴った激しい雨が降る見込みです。
 26日から27日にかけて予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、
  北部 30ミリ
  南部 30ミリ
 26日18時から27日18時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
  北部 60ミリ
  南部 60ミリ
 その後、27日18時から28日18時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
  北部 50から100ミリ
  南部 50から100ミリ

[防災事項]
 土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。
 竜巻などの激しい突風、落雷に注意してください。
 発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

[補足事項]
 今後発表する警報、注意報、気象情報、竜巻注意情報に留意してください。
 次の「大雨と突風及び落雷に関する京都府気象情報」は、27日6時頃に発表する予定です。

配信情報の変更・停止には、anzen@k-anshin.pref.kyoto.jp に空メールを送信し、手続きを行ってください。


026909:府県気象情報

  • 投稿日:
  • by


大雨と突風及び落雷に関する京都府気象情報 第5号
2020年07月26日05時43分
京都地方気象台発表

(見出し)
京都府では、27日明け方にかけて、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。竜巻などの激しい突風や落雷にも注意が必要です。
(本文)
 梅雨前線が西日本から東北地方に停滞しています。
 前線は西日本を北上し、27日には日本海へ達する見込みです。京都府には南から暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の非常に不安定な状態が続くでしょう。
 雨雲が予想より発達した場合には、警報級の大雨となる可能性があります。

[雨の実況]
 降り始め(24日3時00分)から26日5時00分までの降水量(アメダスによる速報値)
     長岡京 83.0ミリ
     京田辺 82.0ミリ
   京都市京北 71.0ミリ

[雨の予想]
 京都府では、26日昼前から27日明け方まで、局地的に雷を伴った激しい雨が降る見込みです。
26日から27日にかけて予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、
 北部 30ミリ
 南部 30ミリ
26日6時から27日6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
 北部 70ミリ
 南部 70ミリ

[防災事項]
 土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。
 竜巻などの激しい突風、落雷に注意してください。
 発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

[補足事項]
 今後発表する警報、注意報、気象情報、竜巻注意情報に留意してください。
 次の「大雨と突風及び落雷に関する京都府気象情報」は、26日16時頃に発表する予定です。

配信情報の変更・停止には、anzen@k-anshin.pref.kyoto.jp に空メールを送信し、手続きを行ってください。


026907:府県気象情報

  • 投稿日:
  • by


大雨と突風及び落雷に関する京都府気象情報 第4号
2020年07月25日16時18分
京都地方気象台発表

(見出し)
京都府では、26日明け方から夜遅くにかけて、局地的に雷を伴った激しい雨の降るおそれがあります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。竜巻などの激しい突風や落雷にも注意が必要です。
(本文)
 梅雨前線が西日本から東日本にのびています。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、京都府では大気の状態が非常に不安定となり、前線の活動が活発となっています。
 引き続き26日にかけて、前線が西日本付近に停滞し、暖かく湿った空気が流れ込むため、京都府では大気の非常に不安定な状態が続くでしょう。
 雨雲が予想より発達した場合には、警報級の大雨となる可能性があります。また、27日も大雨となるおそれがあります。

[雨の実況]
 降り始め(24日3時00分)から25日16時00分までの降水量(アメダスによる速報値)
     長岡京 80.0ミリ
     京田辺 75.0ミリ
  福知山市坂浦 70.0ミリ
   京都市京北 70.0ミリ
     
[雨の予想]
 京都府では、26日明け方から夜遅くまで、局地的に雷を伴った激しい雨が降る見込みです。
25日に予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、
 北部 15ミリ
 南部 20ミリ
26日に予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、
 北部 30ミリ
 南部 30ミリ
25日18時から26日18時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
 北部 70ミリ
 南部 70ミリ
その後、26日18時から27日18時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
 北部 50から100ミリ
 南部 50から100ミリ

[防災事項]
 土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。
 竜巻などの激しい突風、落雷に注意してください。
 発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

[補足事項]
 今後発表する警報、注意報、気象情報、竜巻注意情報に留意してください。
 次の「大雨と突風及び落雷に関する京都府気象情報」は、26日6時頃に発表する予定です。

配信情報の変更・停止には、anzen@k-anshin.pref.kyoto.jp に空メールを送信し、手続きを行ってください。


026901:府県気象情報

  • 投稿日:
  • by


大雨と突風及び落雷に関する京都府気象情報 第3号
2020年07月25日05時29分
京都地方気象台発表

(見出し)
京都府では、25日昼過ぎにかけて、局地的に雷を伴った激しい雨の降るおそれがあります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。竜巻などの激しい突風や落雷にも注意が必要です。
(本文)
 梅雨前線が東シナ海から西日本を通って日本海へのびています。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、京都府では大気の状態が非常に不安定となり、前線の活動が活発となっています。
 引き続き26日にかけて、前線が西日本付近に停滞し、暖かく湿った空気が流れ込むため、京都府では大気の非常に不安定な状態が続くでしょう。
 雨雲が予想より発達した場合には、警報級の大雨となる可能性があります。

[雨の予想]
 京都府では、25日昼過ぎにかけて、局地的に雷を伴った激しい雨が降るおそれがあります。
 25日に予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、
 北部 30ミリ
 南部 40ミリ
 26日に予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、
 北部 20ミリ
 南部 20ミリ
 25日6時から26日6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
 北部 100ミリ
 南部 100ミリ
 その後、26日6時から27日6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
 北部 50から100ミリ
 南部 50から100ミリ

[防災事項]
 土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。
 竜巻などの激しい突風、落雷に注意してください。
 発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

[補足事項]
 今後発表する警報、注意報、気象情報、竜巻注意情報に留意してください。
 次の「大雨と突風及び落雷に関する京都府気象情報」は、25日16時頃に発表する予定です。

配信情報の変更・停止には、anzen@k-anshin.pref.kyoto.jp に空メールを送信し、手続きを行ってください。


026887:府県気象情報

  • 投稿日:
  • by


大雨と突風及び落雷に関する京都府気象情報 第2号
2020年07月24日16時24分
京都地方気象台発表

(見出し)
京都府では、24日夜遅くから25日昼過ぎにかけて、局地的に雷を伴った激しい雨の降るおそれがあります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。竜巻などの激しい突風や落雷にも注意が必要です。
(本文)
 梅雨前線が西日本や東日本にのびています。前線は、26日にかけて西日本に停滞する見込みです。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、京都府では、大気の状態が非常に不安定となり、局地的に雷雲が発達するおそれがあります。
 雨雲が予想より発達した場合には、警報級の大雨となる可能性があります。
 また、26日も大雨となるおそれがあります。

[雨の予想]
 京都府では、24日夜遅くから25日昼過ぎにかけて、局地的に雷を伴った激しい雨が降る見込みです。
 24日から25日にかけて予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、
 北部 30ミリ
 南部 30ミリ
 24日18時から25日18時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
 北部 120ミリ
 南部 120ミリ
 その後、25日18時から26日18時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
 北部 50から100ミリ
 南部 50から100ミリ

[防災事項]
 土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。
 竜巻などの激しい突風、落雷に注意してください。
 発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

[補足事項]
 今後発表する警報、注意報、気象情報、竜巻注意情報に留意してください。
 次の「大雨と突風及び落雷に関する京都府気象情報」は、25日6時頃に発表する予定です。

配信情報の変更・停止には、anzen@k-anshin.pref.kyoto.jp に空メールを送信し、手続きを行ってください。


026883:府県気象情報

  • 投稿日:
  • by


大雨と突風及び落雷に関する京都府気象情報 第1号
2020年07月24日05時47分
京都地方気象台発表

(見出し)
京都府では、25日未明から昼過ぎにかけて、局地的に雷を伴った激しい雨の降るおそれがあります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。竜巻などの激しい突風や落雷にも注意が必要です。
(本文)
 梅雨前線が対馬海峡から東日本にのびており、前線上の黄海には発達した低気圧があって東に進んでいます。
 低気圧は25日にかけて黄海から朝鮮半島付近へ進み、前線は26日にかけて西日本から東日本や東北地方に停滞する見込みです。前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、京都府では、大気の状態が非常に不安定となり、局地的に雷雲が発達するおそれがあります。
 雨雲が予想より発達した場合には、警報級の大雨となる可能性があります。
 また、26日も大雨となるおそれがあります。

[雨の予想]
 京都府では、25日未明から昼過ぎにかけて、局地的に雷を伴った激しい雨の降るおそれがあります。
24日に予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、
 北部 20ミリ
 南部 20ミリ
25日に予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、
 北部 30ミリ
 南部 30ミリ
24日6時から25日6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
 北部 70ミリ
 南部 60ミリ
その後、25日6時から26日6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
 北部 100から150ミリ
 南部 100から150ミリ

[防災事項]
 土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。
 竜巻などの激しい突風、落雷に注意してください。
 発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

[補足事項]
 今後発表する警報、注意報、気象情報、竜巻注意情報に留意してください。
 次の「大雨と突風及び落雷に関する京都府気象情報」は、24日16時頃に発表する予定です。

配信情報の変更・停止には、anzen@k-anshin.pref.kyoto.jp に空メールを送信し、手続きを行ってください。


026854:府県気象情報

  • 投稿日:
  • by


突風と落雷に関する京都府気象情報 第3号
2020年07月21日16時10分
京都地方気象台発表

(見出し)
京都府では、引き続き22日明け方にかけて、大気の状態が非常に不安定となる見込みです。竜巻などの激しい突風や落雷に注意してください。
(本文)
 日本海の低気圧からのびる寒冷前線が、22日にかけて近畿地方を南下する見込みです。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、京都府では、引き続き22日明け方にかけて、大気の状態が非常に不安定となり、局地的に雷雲が発達するおそれがあります。

[防災事項]
 竜巻などの激しい突風や落雷に注意してください。
 発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。
 
[補足事項]
 本号で終了しますが、急な気象状況の変化があれば随時お知らせします。
 今後発表する注意報、気象情報、竜巻注意情報に留意してください。

配信情報の変更・停止には、anzen@k-anshin.pref.kyoto.jp に空メールを送信し、手続きを行ってください。


026849:府県気象情報

  • 投稿日:
  • by


突風と落雷に関する京都府気象情報 第2号
2020年07月21日05時40分
京都地方気象台発表

(見出し)
京都府では、21日昼前から22日明け方にかけて、大気の状態が非常に不安定となる見込みです。竜巻などの激しい突風や落雷、急な強い雨に注意してください。
(本文)
 日本海には前線を伴った低気圧があって、東へ進んでいます。低気圧からのびる寒冷前線が、22日にかけて近畿地方をゆっくり南下する見込みです。
 低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、京都府では、21日昼前から22日明け方にかけて、大気の状態が非常に不安定となり、局地的に雷雲が発達するおそれがあります。

[防災事項]
 竜巻などの激しい突風や落雷、急な強い雨に注意してください。
 発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

[補足事項]
 今後発表する注意報、気象情報、竜巻注意情報に留意してください。
 次の「突風と落雷に関する京都府気象情報」は、21日16時頃に発表する予定です。

配信情報の変更・停止には、anzen@k-anshin.pref.kyoto.jp に空メールを送信し、手続きを行ってください。


026844:府県気象情報

  • 投稿日:
  • by


突風と落雷に関する京都府気象情報 第1号
2020年07月20日15時58分
京都地方気象台発表

(見出し)
京都府では、21日昼前から夜遅くにかけて、大気の状態が非常に不安定となる見込みです。竜巻などの激しい突風や落雷、急な強い雨に注意してください。
(本文)
 朝鮮半島付近には前線を伴った低気圧があって、東北東へ進んでいます。低気圧からのびる寒冷前線が、22日にかけて近畿地方をゆっくり南下する見込みです。
 前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、京都府では、21日昼前から夜遅くにかけて、大気の状態が非常に不安定となり、局地的に雷雲が発達するおそれがあります。

[防災事項]
 竜巻などの激しい突風、落雷、急な強い雨に注意してください。
 発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。
 
[補足事項]
 今後発表する注意報、気象情報、竜巻注意情報に留意してください。
 次の「突風と落雷に関する京都府気象情報」は、21日6時頃に発表する予定です。

配信情報の変更・停止には、anzen@k-anshin.pref.kyoto.jp に空メールを送信し、手続きを行ってください。


026794:府県気象情報

  • 投稿日:
  • by


大雨と突風及び落雷に関する京都府気象情報 第24号
2020年07月14日14時44分
京都地方気象台発表

(見出し)
京都府では、14日夜遅くにかけて、土砂災害に注意してください。
(本文)
 梅雨前線は南に下がり、大雨をもたらした雨雲は遠ざかりつつあります。
 京都府では、これまでの大雨により地盤の緩んでいる所があります。

[雨の実況]
 降り始めからの降水量が300ミリを超えた所があります。また、7月の月降水量の平年値を超えている所もあります。
 降り始め(5日20時00分)から14日14時00分までの降水量(アメダスによる速報値)
     長岡京 335.0ミリ
  京都市中京区 314.0ミリ
   南丹市美山 266.5ミリ
   京都市京北 250.0ミリ
   南丹市園部 243.5ミリ
  福知山市坂浦 191.5ミリ
     京田辺 188.0ミリ
  京丹波町須知 171.5ミリ
  京丹波町本庄 165.0ミリ
  京丹後市峰山 162.5ミリ
  京丹後市間人 154.0ミリ
      宮津 145.5ミリ
      舞鶴 142.0ミリ
  福知山市荒河 140.0ミリ
  綾部市睦寄町 133.5ミリ
  綾部市上野町 128.5ミリ
  福知山市三和 125.5ミリ

[防災事項]
 土砂災害に注意してください。

[補足事項]
 本号で終了しますが、急な気象状況の変化があれば随時お知らせします。
 今後発表する注意報、気象情報に留意してください。

配信情報の変更・停止には、anzen@k-anshin.pref.kyoto.jp に空メールを送信し、手続きを行ってください。


026788:府県気象情報

  • 投稿日:
  • by


大雨と突風及び落雷に関する京都府気象情報 第23号
2020年07月14日06時12分
京都地方気象台発表

(見出し)
京都府では、14日昼過ぎにかけて、局地的に雷を伴った激しい雨の降るおそれがあります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。竜巻などの激しい突風や落雷にも注意が必要です。
(本文)
 梅雨前線が、西日本から東日本を通って日本の東にのびています。前線上の低気圧が日本海西部にあって、東北東へ進んでいます。
 前線は14日夜にかけて近畿地方を通過する見込みです。前線や低気圧に向かって、暖かく湿った空気が流れ込むため、京都府では14日夕方にかけて、大気の状態が非常に不安定となるでしょう。
 京都府では、これまでの大雨により地盤の緩んでいる所があります。
 雨雲が予想より発達した場合には、警報級の大雨となるおそれがあります。

[雨の実況]
 降り始めからの降水量が300ミリを超えた所があります。また、7月の月降水量の平年値を超えている所もあります。
 降り始め(5日20時00分)から14日6時00分までの降水量(アメダスによる速報値)
     長岡京 304.0ミリ
  京都市中京区 296.5ミリ
   南丹市美山 260.0ミリ
   京都市京北 234.0ミリ
   南丹市園部 227.0ミリ
  福知山市坂浦 189.5ミリ
     京田辺 169.5ミリ
  京丹後市峰山 162.0ミリ
  京丹波町須知 161.0ミリ
  京丹波町本庄 160.0ミリ
  京丹後市間人 153.0ミリ
      宮津 145.0ミリ
      舞鶴 141.0ミリ
  福知山市荒河 135.5ミリ
  綾部市睦寄町 132.5ミリ
  綾部市上野町 125.5ミリ
  福知山市三和 119.0ミリ
 
[雨の予想]
 京都府では、14日昼過ぎにかけて、局地的に雷を伴った激しい雨の降るおそれがあります。
14日に予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、
 北部 30ミリ
 南部 30ミリ
14日6時から15日6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
 北部 60ミリ
 南部 100ミリ

[防災事項]
 土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。
 竜巻などの激しい突風、落雷に注意してください。
 発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

[補足事項]
 今後発表する警報、注意報、気象情報、竜巻注意情報に留意してください。
 次の「大雨と突風及び落雷に関する京都府気象情報」は、14日16時頃に発表する予定です。

配信情報の変更・停止には、anzen@k-anshin.pref.kyoto.jp に空メールを送信し、手続きを行ってください。


026781:府県気象情報

  • 投稿日:
  • by


大雨と突風及び落雷に関する京都府気象情報 第22号
2020年07月13日16時14分
京都地方気象台発表

(見出し)
京都府では、13日夜遅くから14日昼前にかけて、局地的に雷を伴った激しい雨の降るおそれがあります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。竜巻などの激しい突風や落雷にも注意が必要です。
(本文)
 梅雨前線が朝鮮半島から西日本を通って伊豆諸島付近にのびています。
 前線上に新たに発生する低気圧が13日夜から14日にかけて日本海を東に進み、前線が近畿地方を通過する見込みです。前線や低気圧に向かって、暖かく湿った空気が流れ込むため、京都府では13日夜遅くから14日夕方にかけて、大気の状態が非常に不安定となるでしょう。
 京都府では、これまでの大雨により地盤の緩んでいる所があります。
 雨雲が予想より発達した場合には、警報級の大雨となるおそれがあります。

[雨の実況]
 降り始めからの降水量が200ミリを超えた所があります。また、7月の月降水量の平年値を超えている所もあります。
 降り始め(5日20時00分)から13日16時00分までの降水量(アメダスによる速報値)
     長岡京 284.5ミリ
  京都市中京区 276.5ミリ
   南丹市美山 226.0ミリ
   南丹市園部 204.5ミリ
   京都市京北 195.0ミリ
     京田辺 153.0ミリ
  京丹波町須知 136.5ミリ
  京丹波町本庄 130.0ミリ
  福知山市坂浦 128.5ミリ
  京丹後市峰山 121.0ミリ
  京丹後市間人 108.5ミリ
  綾部市睦寄町 104.0ミリ
      宮津 100.0ミリ
      舞鶴 100.0ミリ
  
[雨の予想]
 京都府では、13日夜遅くから14日昼前にかけて、局地的に雷を伴った激しい雨の降るおそれがあります。
13日から14日にかけて予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、
 北部 30ミリ
 南部 30ミリ
13日18時から14日18時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
 北部 150ミリ
 南部 150ミリ

[防災事項]
 土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。
 竜巻などの激しい突風、落雷に注意してください。
 発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

[補足事項]
 今後発表する警報、注意報、気象情報、竜巻注意情報に留意してください。
 この情報は「大雨に関する京都府気象情報」を引き継ぐものです。
 次の「大雨と突風及び落雷に関する京都府気象情報」は、14日6時頃に発表する予定です。

配信情報の変更・停止には、anzen@k-anshin.pref.kyoto.jp に空メールを送信し、手続きを行ってください。


026774:府県気象情報

  • 投稿日:
  • by


大雨に関する京都府気象情報 第21号
2020年07月13日06時27分
京都地方気象台発表

(見出し)
京都府では、14日未明から昼前にかけて、局地的に雷を伴った激しい雨の降るおそれがあります。これまでの大雨により、所々で地盤が緩んでいるため、土砂災害に十分注意してください。低い土地の浸水や河川の増水にも十分注意してください。
(本文)
 梅雨前線が黄海から九州北部地方を通り、四国の南にのびています。前線上に新たに発生する低気圧が、13日夜から14日にかけて日本海を東北東に進み、前線が近畿地方を通過していく見込みです。
 前線や低気圧に向かって、暖かく湿った空気が流れ込むため、京都府では13日夜遅くから、大気の状態が不安定となるでしょう。
 京都府では、これまでの大雨により地盤の緩んでいる所があります。
 雨雲が予想より発達した場合には、警報級の大雨となるおそれがあります。

[雨の実況]
 降り始めからの降水量が200ミリを超えた所があります。また、7月の月降水量の平年値を超えている所もあります。
  降り始め(5日20時00分)から13日6時00分までの降水量(アメダスによる速報値)
     長岡京 275.0ミリ
  京都市中京区 265.5ミリ
   南丹市美山 211.5ミリ
   南丹市園部 192.0ミリ
   京都市京北 179.5ミリ
     京田辺 145.5ミリ
  京丹波町須知 123.0ミリ
  京丹波町本庄 117.5ミリ
  福知山市坂浦 111.5ミリ
  京丹後市峰山 104.5ミリ

[雨の予想]
 京都府では、14日未明から昼前にかけて、局地的に雷を伴った激しい雨の降るおそれがあります。
 13日に予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、
  北部 25ミリ
  南部 20ミリ
 14日に予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、
  北部 30ミリ
  南部 30ミリ
 13日6時から14日6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
  北部 100ミリ
  南部 100ミリ
 その後、14日6時から15日6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
  北部 50から100ミリ
  南部 50から100ミリ

[防災事項]
 土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。
 落雷や突風に注意してください。

[補足事項]
 今後発表する警報、注意報、気象情報に留意してください。
 次の「大雨に関する京都府気象情報」は、13日16時頃に発表する予定です。

配信情報の変更・停止には、anzen@k-anshin.pref.kyoto.jp に空メールを送信し、手続きを行ってください。


026772:府県気象情報

  • 投稿日:
  • by


大雨に関する京都府気象情報 第20号
2020年07月12日16時20分
京都地方気象台発表

(見出し)
京都府では、14日は梅雨前線の影響で再び大雨となるおそれがあります。これまでの大雨により、所々で地盤が緩んでいるため、土砂災害に十分注意してください。低い土地の浸水や河川の増水にも十分注意してください。
(本文)
 梅雨前線が、黄海から九州を通り潮岬沖へのびています。現在、西日本付近の梅雨前線の活動が弱まっているため、京都府では雨は小康状態となっています。
 13日から14日にかけて、梅雨前線上の低気圧が黄海から日本海西部へ進み、前線が近畿地方へ北上して活動が活発となるでしょう。このため、京都府では、14日は再び大雨となるおそれがあります。
 京都府では、これまでの大雨により地盤の緩んでいる所があります。
 雨雲が予想より発達した場合には、警報級の大雨となるおそれもあります。

[雨の実況]
 降り始めからの降水量が200ミリを超えた所があります。また、7月の月降水量の平年値を超えている所もあります。
  降り始め(5日20時00分)から12日16時00分までの降水量(アメダスによる速報値)
     長岡京 275.0ミリ
  京都市中京区 265.5ミリ
   南丹市美山 211.5ミリ
   南丹市園部 192.0ミリ
   京都市京北 179.5ミリ
     京田辺 145.5ミリ
  京丹波町須知 123.0ミリ
  京丹波町本庄 117.5ミリ
  福知山市坂浦 111.5ミリ
  京丹後市峰山 104.5ミリ
 
[雨の予想]
 京都府では、14日日中を中心に、局地的に雷を伴った激しい雨の降るおそれがあります。
 13日18時から14日18時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
 北部 100から150ミリ
 南部 100から150ミリ

[防災事項]
 土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。
 落雷や突風に注意してください。

[補足事項]
 今後発表する警報、注意報、気象情報に留意してください。
 次の「大雨に関する京都府気象情報」は、13日6時頃に発表する予定です。

配信情報の変更・停止には、anzen@k-anshin.pref.kyoto.jp に空メールを送信し、手続きを行ってください。


026766:府県気象情報

  • 投稿日:
  • by


大雨に関する京都府気象情報 第19号
2020年07月12日05時36分
京都地方気象台発表

(見出し)
京都府では、これまでの大雨により地盤の緩んでいる所があります。13日から14日にかけては、梅雨前線の影響で再び大雨となるおそれがあります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。
(本文)
 梅雨前線が、東シナ海から西日本や東日本を通って日本の東へのびています。12日は、前線が四国の南に南下しますが、13日には、低気圧が黄海から日本海西部を東へ進み、前線が再び西日本を北上するでしょう。その後、前線は14日にかけて西日本をゆっくり南下する見込みです。
 このため京都府では、13日から14日にかけて再び大雨となるおそれがあります。前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、14日は大気の状態が不安定となるでしょう。
 京都府では、これまでの大雨により地盤の緩んでいる所があります。
 雨雲が予想以上に発達した場合は、警報級の大雨となるおそれがあります。

[雨の実況]
 降り始めからの降水量が200ミリを超えた所があります。また、7月の月降水量の平年値を超えている所もあります。
 降り始め(5日20時00分)から12日5時00分までの降水量(アメダスによる速報値)
     長岡京 275.0ミリ
  京都市中京区 265.5ミリ
   南丹市美山 210.5ミリ
   南丹市園部 191.0ミリ
   京都市京北 179.5ミリ
     京田辺 145.5ミリ
  京丹波町須知 122.0ミリ
  京丹波町本庄 115.5ミリ
  福知山市坂浦 108.5ミリ
  京丹後市峰山 102.5ミリ
    
[雨の予想]
 13日6時から14日6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
 北部 50から100ミリ
 南部 50から100ミリ
その後も雨は続くため総降水量は更に増える見込みです。

[防災事項]
 土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。
 落雷や突風に注意してください。

[補足事項]
 今後発表する警報、注意報、気象情報に留意してください。
 この情報は「大雨と突風及び落雷に関する京都府気象情報」を引き継ぐものです。
 次の「大雨に関する京都府気象情報」は、12日16時頃に発表する予定です。

配信情報の変更・停止には、anzen@k-anshin.pref.kyoto.jp に空メールを送信し、手続きを行ってください。


026762:府県気象情報

  • 投稿日:
  • by


大雨と突風及び落雷に関する京都府気象情報 第18号
2020年07月11日16時27分
京都地方気象台発表

(見出し)
南部では、12日明け方にかけて、土砂災害に十分注意してください。京都府では、11日夜遅くにかけて、竜巻などの激しい突風や落雷に注意してください。
(本文)
 梅雨前線が、東シナ海から西日本を通って東北地方にのびており、12日にかけて近畿地方を南下する見込みです。
 前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、京都府では11日夜遅くにかけて大気の非常に不安定な状態が続くでしょう。
 南部では、これまでの大雨により地盤の緩んでいる所があるため、12日明け方にかけて土砂災害に十分注意してください。
 13日になると、低気圧が黄海を東進し、前線が西日本を再び北上する見込みです。
 南部では雨雲が予想より発達した場合には警報級の大雨となる可能性があります。

[雨の実況]
 降り始めからの降水量が200ミリを超えた所があります。また、7月の月降水量の平年値を超えている所もあります。
  降り始め(5日20時00分)から11日16時00分までの降水量(アメダスによる速報値)
     長岡京 273.0ミリ
  京都市中京区 264.0ミリ
   南丹市美山 210.5ミリ
   南丹市園部 190.0ミリ
   京都市京北 177.5ミリ
     京田辺 143.0ミリ
  京丹波町須知 122.0ミリ
  京丹波町本庄 115.5ミリ
  福知山市坂浦 107.0ミリ
  
[雨の予想]
 11日18時から12日18時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
 北部 20ミリ
 南部 20ミリ
 その後、12日18時から13日18時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
 北部 およそ50ミリ
 南部 およそ50ミリ

[防災事項]
 土砂災害に十分注意してください。
 竜巻などの激しい突風、落雷に注意してください。
 発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

[補足事項]
 今後発表する警報、注意報、気象情報、竜巻注意情報に留意してください。
 次の「大雨と突風及び落雷に関する京都府気象情報」は、12日6時頃に発表する予定です。

配信情報の変更・停止には、anzen@k-anshin.pref.kyoto.jp に空メールを送信し、手続きを行ってください。


026752:府県気象情報

  • 投稿日:
  • by


大雨と突風及び落雷に関する京都府気象情報 第17号
2020年07月11日06時32分
京都地方気象台発表

(見出し)
南部では、11日昼前にかけて、土砂災害に厳重に警戒してください。
(本文)
 梅雨前線が東シナ海から西日本を通って東北地方にのびており、日本海中部には低気圧があって東に進んでいます。低気圧は12日には東北地方に接近する見込みです。また、11日夜には前線上の三陸沖で別の低気圧が発生し、低気圧からのびる前線が11日夜にかけて近畿地方まで南下するでしょう。
 前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため前線の活動が活発な状態が続く見込みです。京都府では11日夜遅くにかけて大気の非常に不安定な状態が続くでしょう。引き続き、12日にかけて大雨となるおそれがあります。
 11日6時現在、京都府では土砂災害警戒情報を発表している市町村があります。これまでの大雨により地盤の緩んでいる所があり、今後も局地的に激しい雨が降るため、引き続き11日昼前にかけて土砂災害に厳重な警戒が必要です。

[雨の実況]
 降り始めからの降水量が200ミリを超えた所があります。また、7月の月降水量の平年値を越えている所もあります。
 降り始め(5日20時00分)から11日6時00分までの降水量(アメダスによる速報値)
  京都市中京区 224.0ミリ
     長岡京 216.0ミリ
   南丹市美山 204.5ミリ
   南丹市園部 183.5ミリ
   京都市京北 165.0ミリ
     京田辺 131.0ミリ
  京丹波町須知 119.5ミリ
  京丹波町本庄 111.0ミリ
  福知山市坂浦 105.0ミリ

[雨の予想]
 京都府では、11日は局地的に雷を伴った激しい雨が降る見込みです。
11日に予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、
 北部 30ミリ
 南部 30ミリ
11日6時から12日6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
 北部 70ミリ
 南部 100ミリ

[防災事項]
 土砂災害に厳重に警戒してください。
 低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。
 竜巻などの激しい突風、落雷に注意してください。
 発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

[補足事項]
 今後発表する警報、注意報、気象情報、竜巻注意情報に留意してください。
 次の「大雨と突風及び落雷に関する京都府気象情報」は、11日16時頃に発表する予定です。

配信情報の変更・停止には、anzen@k-anshin.pref.kyoto.jp に空メールを送信し、手続きを行ってください。